So-net無料ブログ作成

時をかける少女 ネタバレ ラストシーン細田守版 [映画]

SHIGEZOじゃ。


7月17日金曜ロードショーにて
細田守監督のアニメ「時をかける少女」
が放送されますのぅ。
細田守3部作の最後の放送ですじゃ。


注意:こちらの記事は
主に「時をかける少女」のラストシーンを
取り扱っており、
ネタバレとなっておりますので
閲覧時は注意してくだされ。

あらすじはこちら



スポンサードリンク





時をかける少女 ネタバレ ラストシーン



・・・・・
線路に突っ込んだ功介と果穂。
列車も迫ってきて絶体絶命なその時、
真琴は時間よ止まれと目を閉じ叫び続ける!


・・・音がしない。


不思議に思った真琴が目を開くと
時間が止まっていて
そこには「千昭」がいた。


そう、時間を止めたのは千昭だった。


千昭は未来に帰るために残しておいた
最後のタイムリープの力を
事故をなかったことにするため
真琴の悲しい顔を見なくて済むようにするために
利用したのでした。


「オレ、未来から来たって言ったら、笑う?」
千昭は何百年も先の未来から
タイムリープを使用してやってきた
そうで、真琴がタイムリープを使えるようになったのも
千昭が未来から持ってきた機械のおかげだった。


そもそも真琴がタイムリープを使えるように
なったのも千昭にとってはアクシデント
だったようで
心配で夜も眠れなかった。
バカにチャージされてて良かったと話す。


さらに千昭は過去に来た理由を語る。
それは「絵を見るため」だった。
千昭の見たかった絵は未来では完全に消失していて
あらゆる文献を調べると
この時代・この場所・この季節のみ
にあるという事しかわからなかったためだと言う。


そして、タイムリープのことを知られたからには
もう側にいられない、
そういう決まりなんだと告げ
千昭は真琴の前から姿を消した。


そして時は動き出す。


何事もなかったかのように。
千昭のいなくなった日常がやってくる。


千昭を失った真琴はそれからというもの
死んだ魚のような眼をし、生気を失っておった。
千昭がどれだけ大切な存在だったのか
改めて思い知らされる。


真琴がふと、腕をみるとタイムリープの
残り使用回数が「01」に戻っていることに気づく!


千昭の最後のタイムリープの影響だと思った真琴は
同じことをすれば千昭に再び会えると思い
過去に戻ることを決意!
真琴は最後のタイムリープを使った。


時間は真琴が力を使えるようになる直前の
理科実験室。


真琴は千昭のいるグラウンドに
走っていく。


真琴は千昭にこれから起こることを説明すると
タイムリープの事を知られてはもう一緒にはいられない
と、本来いた未来に帰るため
千昭は告白もせずに真琴に別れを告げますじゃ。


涙を流す真琴をそっと抱き寄せ
二人は最後の会話を交わす。
「未来で待ってる。」
「うん。すぐ行く。走っていく。」
こうして、千昭は未来へ帰っていくのじゃった。。。


あらすじはこちら



スポンサードリンク





SHIGEZO的考察



この物語の中核を担う存在。
未来からきた青年、千昭。
過去に来てまでどうしても
見たい絵があったと言うが


その絵とは魔女おばさん曰く
作者もわからない
美術的価値があるかもわからない
ただ、魔女おばさんが修復していた過程で
わかったことがある。
それはその絵が描かれたのは何百年も前の
歴史的な大戦争と飢饉の時代。
世界が終ろうとしていたころの作品で
見ているととても心が温かくなる絵だそうじゃ。


千昭が博物館に行っても運悪く修復中で
絵を見た描写は一度もなかった。
という事は千昭は本来の目的を
果たせなかったことになりますじゃ。


なぜそこまでして千昭は絵が見たかったのか
止まった時間の中で千昭は真琴に
こう語っておった。


帰らなきゃいけないのに
いつの間にか夏になってた。
お前らといるのがあんまり楽しくってさ。

川が地面を流れているのをはじめてみた。
自転車に初めて乗った
空がこんなに広いことを初めて知った
何よりこんなに人がたくさんいるところを初めて見た
野球もあるし



このセリフから
千昭がいた未来は
「自然がなく」「娯楽もなく」
「空がみえない(建物の中でしか生きられない?)」
「人が少ない」
というように世界が終ろうとしていることが想像される。


そんな世界にいた千昭だから
本来の目的よりも真琴のいた世界が楽しく、
帰りたくなくなったことは
物凄くわかる。


しかし、大前提として
タイムリープを過去の人間に知られることは
NGだという。そういう法律でもあるんじゃろう。


それを考えると
最後に未来に帰る千昭の無念さは
測り知れない。


ただ、別れの時泣きじゃくっていた
真琴とは違い「未来で待ってる」と
優しく伝える懐の広さは
高校生とは思えないほど男前じゃ。


それに対して真琴の
「うん。すぐ行く。走っていく。」は
恋愛観を感じさせない真琴らしいセリフで
悲しいだけではなく
永遠の別れにも希望を感じさせる一言に感じましたじゃ。


その後功介に真琴は
「これからやること決まった」と語る。
おそらくそれは
魔女おばさんと同じように
絵の修復業務に携わって
千昭の見たかった絵を
千昭のいる時代まで残すという事じゃろう。きっと。


それが万が一叶ったとすると
未来で待っている千昭は
本当に喜ぶことじゃろう。


おそらく真琴は本気でやろうとしておる。
最後のシーンで空を見上げた真琴の目から
決意のようなものを感じられたから。



この作品のテーマは
魔女おばさんが冒頭で言っておった
「時間っていうのは不可逆なのね」
「時は戻らない」という言葉。
これは人類みな平等じゃ。
その大事な時間を大切に過ごすこと。
それを伝えたかったんじゃと思う。

あらすじはこちら



スポンサードリンク



時をかける少女 アニメ あらすじとラスト(ネタバレ注意!) [映画]

SHIGEZOじゃ。


7月17日の金曜ロードショーにて放送される
アニメ版「時をかける少女」は
細田守監督作品の中でも非常に好きな作品ですじゃ。

完全にネタバレになってしまいますが
あらすじとラストシーンの見どころ
について紹介していきますじゃ。


スポンサードリンク





時をかける少女 アニメ版・予備知識



細田守監督の手掛ける
「時をかける少女」は同一タイトルの
ドラマや映画・小説など多数存在し
それぞれがタイムトラベラーとなった女の子
が主人公ではあるが、
細田のアニメは
1983年実写版の映画「時をかける少女」の
20年後の世界が舞台となっておる。


また、実写版の主人公である「和子」が
成長した姿でアニメ版にも登場する。
(主人公は和子のことを「魔女おばさん」と呼ぶ)


と、いう事で、実写版を知っている方も
知らない方も楽しんで見られるのが
アニメ版「時をかける少女」ですじゃ。


時をかける少女 アニメ版あらすじ【前編】



主人公は女子高生の真琴(まこと)。
ある日のこと真琴は
理科実践室で転んでしまい
光るクルミに肘をぶつける。
その瞬間、異次元を垣間見るが
気が付くと理科実験室に戻っていた。
そしてそこには人影があったが
逃げて行った。


そのあと、真琴は魔女おばさん(芳山和子)に
あうため東京国立博物館に向かっていた。
自転車で坂を下っている最中にブレーキの故障で
坂の終点にある踏切で列車事故を起こす。
しかし、次の瞬間、真琴は坂の上にいた。


不思議に思った真琴は
東京国立博物館で働く
魔女おばさんに相談すると
「それ、タイムリープ(時間を遡る能力)よ」
と教えてもらうが、真琴には信じられなかった。


しかし、妹に食べられたはずのプリンが
タイムリープを使用して過去に行き
冷蔵庫に存在していることで
タイムリープの能力を確信するのじゃ。


そして真琴はその力をくだらないことばかりに
利用するようになる。


たとえば、
・抜き打ちテストの問題を
過去に戻って予習し満点を取る

・調理実習での天ぷらの火事を
クラスメイトに押し付ける

・カラオケボックスで
時間終了前に時間を巻き戻す

などなど。。。
その能力で真琴は
ツイてない日をやり直すことで
人生を満喫しだしたのじゃった。


このあたりから物語は
変化を迎えていくことになりますじゃ。


スポンサードリンク





時をかける少女 アニメ版あらすじ【後編】




そんな真琴には千昭(ちあき)・功介(こうすけ)
という男子の親友がいる。


3人はいつも一緒で仲が良かった。
ある日、功介が部活の後輩女子の果穂に告白されるが
勉強に差し障るという理由で振ってしまう。


ところがその帰り道。突然千昭が真琴に告白をする。
その告白を聞きたくなかった真琴は
タイムリープして告白自体をなかったことにしてしまう。
何度も(笑)


翌日の事、真琴はクラスメイトの友梨(ゆり)が
千昭に興味を持っていることを知る。
そして、その日、学校でちょっとした
暴力事件が起こったが真琴がタイムリープを使用して
事なきを経たのじゃった。


しかし、それを機に親密になっていく
千昭と友梨。
昨日は私に告白してきたのにと
ふてくされ入浴する真琴。
そのとき腕に「90」と書かれた数字を見つける。


翌日。相変わらず仲の良い千昭と友梨に
嫉妬する真琴。
それを見ておった功介は真琴に
話しかける。その流れで
「オレが彼女つくったら、
真琴が一人になっちゃうじゃん」
と思わせぶりな発言をする。

こういうところが高校生の恋愛
の初々しいところじゃのう。


翌日。真琴はタイムリープを使用し
模擬試験を万全の成績で突破するが
腕の数字が「50」になっておることに気づく。


さらに、功介が後輩女子の果穂を振った原因が
自分の抜き打ちテストのせいだと
知った真琴は責任を感じ
タイムリープを使用して抜き打ちテスト前に遡る。


テストで悪い点を取り、さらに
果穂にケガをさせるように仕向けることで
功介と果穂はいい関係に。
良いことをしたと真琴は思った。
しかし、腕の数字は「10」になっていた。
タイムリープを使用した回数を計算すると
腕の数字は「10」ではなく「01」
ということに気づく真琴。


その日の放課後の事、
功介が果穂を病院に連れていくために
真琴の自転車を借りたことを知る真琴。
そう。この日は真琴の自転車のブレーキが
壊れる日。


もしかしたら功介と果穂が
列車に轢かれてしまうのではないかと
危惧する真琴。例の坂道に
走って向かうが、そこに2人はいない。


そのとき、千昭から電話がかかってくる。
真琴は千昭に「おまえ、タイムリープしてねぇ?」
と聞かれ、気が動転し思わず最後のタイムリープを
使用し数分前に戻ってしまう。


千昭の質問をかわした直後、
真琴の横を自転車で通り抜ける功介と果穂。
その先は例の踏切!
真琴は追いつけず、タイムリープも
もう使えない。
案の定ブレーキは壊れ線路に突っ込んだ
功介と果穂。列車も迫ってきて
絶体絶命なその時、
真琴は時間よ止まれと叫び続ける!


物語の核心を突くラストシーンはこちら


スポンサードリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。