So-net無料ブログ作成
検索選択

芥川賞2015発表!受賞は又吉直樹と羽田圭介。羽田さんの作品を紹介。 [本]

SHIGEZOじゃ。


2015年7月16日芥川賞の発表が行われ
羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』
又吉直樹『火花』がWで受賞しました。


以前から注目されておった2015年の芥川賞な
だけに又吉直樹の名前が張り出された瞬間は
記者のどよめきが沸き起こったそうじゃ。


じゃが、ちょっとまて。
もう一人の羽田圭介さんとは誰なんじゃ?
という事で今回は羽田さんの特集をしようと思いますじゃ。


スポンサードリンク





2015年芥川賞受賞者の羽田圭介さんとは!?





いきなりツイート記事で申し訳ないですが
こちらがピースの又吉直樹と共に
2015年の芥川賞を受賞された
羽田圭介閣下(10万29)じゃ。


写真を見ると芸人さんかなにかと思ってしまうが
どうやら芸人さんではないらしい。。。


羽田圭介さんは17歳の時から
「文芸賞」を受賞するという経歴をお持ちで
当時は2004年に芥川賞を受賞した「綿矢りさ」さん
らと共に若手の作家たちとして注目を浴びておった。


当時高校生じゃった羽田圭介さんの作品は

「黒冷水」
兄の部屋をあさる弟と罠を仕掛けて報復する兄の
家庭内ストーキングを題材とし、兄の視点から見た
非常にテンポの良い作品。


ですじゃ。
そして、今回芥川賞を受賞したという

『スクラップ・アンド・ビルド』じゃが、
死を望んでいる要介護の老人と
同居している無職の孫息子の
介護する側される側の心情をとらえた
現在の社会問題をテーマにしたお話。
だそうじゃ。

読んでスカッとするというよりは
現代社会の矛盾について考えさせられる
内容のようですじゃ。

又吉直樹の「火花」あらすじ



スポンサードリンク






羽田圭介さんの作品は過去に芥川賞ノミネートされていた



羽田圭介さんは作品を作り続けて10年以上にもなる。
過去に書いた作品が芥川賞にノミネートされておった。
その作品をそれぞれ紹介していきますじゃ。


「走ル」第139回芥川賞(平成20年/2008年上期)
近所のお兄さんからおさがりで貰った
ロードバイク子供の頃には乗れなかった
そのロードバイクに乗ってみると、思ってもみないほど
疾走感を感じ魅力に取りつかれてしまう。


高校2年の主人公はジュースを買いに行った
その足で思い付きで東京から東北地方まで
ロードバイクで行ってしまう。
青春ならではの無計画だが大胆なお話。



「ミート・ザ・ビート」第142回芥川賞(平成21年/2009年下期)
19歳の主人公は住まいと予備校とアルバイト先の工事現場を
毎日自転車で通っていた。
ある時、車好きの仲間の一人から
ホンダのビートという軽四輪車を譲り受ける。


初めての車・なれないマニュアル車。
初めての経験で苦労することもあるが
マニュアル車を運転する快感など
がらりと変わったライフスタイルの中で
疾走する青年を描いた群像小説。



「メタモルフォシス」第151回芥川賞(平成26年/2014年上期)
上記の2作とは題材ががらりと変わって
証券会社に勤めている主人公。
昼は高給取りのサラリーマン
夜は快楽を求め夜の街へ。

「マゾヒスト」の主人公が
究極の快楽を求めるようになった彼が
見たいものについて描かれている。

R-18作品。


以上が羽田圭介が芥川賞に
ノミネートされた作品ですじゃ。
4度目にして獲得した賞に
本人も喜んでおるじゃろう。


さらに今回の芥川賞は
又吉も受賞したことにより
注目度は高いはずじゃ。
この勢いでさらに人気が出ると良いですのう!


スポンサードリンク



又吉直樹の火花の口コミ・レビュー集めました。 [本]

SHIGEZOじゃ。


お笑い芸人で小説家の
ピース・又吉直樹の作品「火花」が
みごと芥川賞を受賞しおったぞい!


もともとあった注目度はさらに勢いを
増していくことが予想されるが
実際読んだ方の口コミレビュー
気になる!という方のために
又吉直樹の火花の口コミ・レビュー集めましたぞい!


スポンサードリンク





又吉直樹の火花の口コミ・レビュー★★★★★の場合



丁寧に綴られた良作

40代 女性 レビュー1714件

芸人さんが小説を書くということには驚きません。

才能のある芸人さんは、表現することに長けているので、
又吉さんのような方が現れるのも当然だと思います。
コントやネタももともとは活字から生まれるストーリーですし、
それを身体全てで表現できるお笑い芸人さんが、
俳優としても優れているのも納得です。

もともとお笑いが好きで、たまに神保町花月などにも
ライブを見に行くことがありますが、
本当にお笑い芸人の方たちの話術は素晴らしいものがあります。
その舞台に立てるまでになること、その位置を継続すること、
そして芸能界で生き残っていくことは過酷な熾烈な
競争に勝ち残らないといけないこと、
技術だけでなく運も組織も、ときには自分の意に背いて
時代の流れに乗って行くことも・・必要なんだと思います。

芸人としての葛藤、先輩後輩、芸歴、信念とプライド、
その心情がすごく丁寧に綴られて、
言葉ひとつひとつを大切に選びながら書き記して、
作品を作り上げたんだろうな~・・と、読みながら思いました。
ジャンル的に、純文学、と言われるのも分かる気がします。



又吉直樹の火花の口コミ・レビュー★★★★☆の場合



話題の本★火花

40代 女性 レビュー 731件

やたらメディアで紹介されていたので買ってみました。
読みやすく、1日で読めるボリュームでした。
お笑いといっても終始寂しさが漂っていて
こういう、雰囲気で人間や人生を伝えるのが
「純文学」の定義なのかなと思いました。
他の作品が出たら、また読んでみたい気もします。




やはり★4と★5の方は
しっかりとした意見を述べてくれますじゃ。
この方々に共通しておるのは
興味があって読んでみたら
良かったという事ですの。
皆さん本を沢山読んでおる方ばかりでした。


スポンサードリンク





又吉直樹の火花の口コミ・レビュー★★★☆☆の場合



無題

評判がとても良いみたいなので購入したみたのですが・・
正直そこまで・・といった感想です。
出だしは難しい言葉をあえて羅列しているように感じ
読みづらさがありました。
だんだんと、主人公の気持ちの変化や尊敬している
先輩芸人の環境などが見えてくるのですが、
申し訳ないのですが普通でした。
20代くらいの方なら共感する部分も多いのでしょうか・・。
ページがそこまで多くないので、読みやすい厚さの本ではあります。


又吉

4時間半の電車の中で読もうと購入しました。
本好きの私ですが、半分読んだところで止まり、
その後は読んでいません。
スッと入ってこないし難しい表現や言葉が疲れます。
期待していたのですが・・・。


う~ん!微妙~

綾香さんの旦那様が書いた本が良かったかな~!
師匠についての話になりますが、
終始変化があまり見られなく最後まですんなり読めた!
みたいな感じでした。
関西弁なのでちょっと読みにくい感はありました。


又吉直樹の火花の口コミ・レビュー★★☆☆☆の場合




ー該当なしー


又吉直樹の火花の口コミ・レビュー★☆☆☆☆の場合



無題

期待して読んでしまったからか…
あんまり読みごたえがなかった。
芸人のリアルな生き方ってこうなんだろうなと思った。



と、このようにピックアップしてみましたが
全体的に口コミは良い印象で
沢山★を付けておる方ほど
本が好きでよく読んでおる方じゃった。
平均すると★4.1と
総合評価はかなり高め。


ムズカシイ言葉が苦手な方ほど
満足度は低いようですじゃ。
と、いう事は
又吉直樹の「火花」という作品は
本好きの方には
読みやすく・面白く感じる

小説など、あまり文章になじみのない方には
ムズカシイ・期待外れ

と感じてしまう結果になりましたですじゃ。

ボリューム的には少ないようなので
気になった方は読んでみてはいかがかの??


関連記事
又吉直樹「火花」の内容を簡単に紹介。太宰治との関係もちょこっと紹介。


スポンサードリンク



又吉直樹「火花」の内容を簡単に紹介。太宰治との関係もちょこっと紹介。 [本]

SHIGEZOじゃ。


ここでは、芥川賞候補に選ばれた
ピース又吉直樹の小説「火花」についての見どころや
ネタバレにならない程度に内容を紹介するぞい。


また、太宰治と又吉直樹の意外な関係も
ちょこっとだけ紹介するんじゃ。


スポンサードリンク






◆又吉直樹「火花」の内容を簡単に紹介



主人公は売れない芸人の「徳永」。


あるひ、先輩芸人の「神谷」という人物に出会うところから
物語が始まっていくんじゃ。


神谷の芸人としての哲学にほれ込んだ徳永は


神谷に弟子入りすることになる。


そして、二人はお笑いについて語るようになり


それぞれ別々のお笑いを目指すようになる。


その過程で二人の立場や環境の変化が起こることで


感情にも変化が起きてくるという内容のものじゃ。



本当に概要程度の説明じゃったが
詳しくはご自身で読んでみてくだされ。


見どころとしては、芸人として活躍中の又吉直樹が
芸人を題材に小説を書いていることじゃ。


そりゃあ芸人をしたことない小説家が書くよりも
リアルに表現できるというものじゃ。
一般の方が見たことのない視点からの
考え方や発想は読んでいてとても楽しいもんじゃ。


もともと小説好きだった又吉直樹の文章力も
読みやすくてワシはいいと思ったぞい。


まだ読んでおらず、興味のある方は読んでみてくだされ。


続いては、太宰治と又吉直樹の偶然すぎるエピソードじゃ。



スポンサードリンク






◆太宰治と又吉直樹の偶然すぎるエピソード



これは2014年12月12日に放送された
TV番組「アメトーーク!」の
ピース又吉プレゼンツ”偶然を愛する芸人”にて


又吉直樹本人が語った衝撃エピソードじゃ。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

もともと彼は太宰治が大好きじゃった。尊敬しておった。


そんな彼は高校を卒業し上京を決意。部屋探しのため1日だけ


東京に来て適当に部屋を契約。


そのあと近所をぶらついていたら桜の木を発見。


行ってみるとお寺があったので、お墓に手を合わせて地元に帰る。




その後、アパートに無事引っ越しでき、落ち着いた頃


太宰治のゆかりの地が三鷹だったと思い当たり


太宰治のお墓まいりに行くことに。


お墓の場所を調べて行ってみると、なんと!


先日自分が手を合わせたお墓が太宰治のお墓じゃった!!


スタジオが騒然とするなか又吉の話は続く。



さらに、太宰治が生前暮らしていた住所を図書館で調べてみた。と又吉。


そしたら、なんと!


太宰治が暮らしていたとされる住所が


今まさに又吉が住んでいる住所と全く同じ!


すなわち、全く同じ場所で時を超えて二人は生活していた!


ということになるんじゃ!!



MCのホトちゃんも「うわっ、寒気がしてきた」


宮迫も「又吉がいうと、偶然というより霊的なもんを感じる」


と、笑いをおこしていた。


と、いうエピソードじゃ。楽しかったかの??



スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。