So-net無料ブログ作成

八日目の蝉のネタバレあらすじ【映画版】の結末・ハンカチ必須作!! [映画]

SHIGEZOじゃ。



永作博美と井上真央のW主演映画

『八日目の蝉』のあらすじを書いていこうと思うのじゃが

結末というかラストまで書いていくので確実にネタバレに

なってしまうので、閲覧はご注意くだされ。

ちなみに小説版もあるこの作品。ラストが異なるので要チェックじゃ!



スポンサードリンク






八日目の蝉 あらすじ



この映画の宣伝文句は

「優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。」

というもの。

そんなこと書かれるとそりゃあ興味津々になるぞい!

というこの映画・八日目の蝉のあらすじは

前半と後半にわかれるのじゃ。(ネタバレ注意)



前半の主人公は野々宮希和子。

物語は、不倫相手の子を宿してしまうが、

出産を諦めざるを得なかった希和子が

男が妻との間にもうけた赤ん坊を一目見ようと

男の留守宅に侵入。

そのまま赤ん坊を誘拐して「薫」と名付け

各地を転々としながら逃亡生活を続けていくというものじゃ。



しかし、「薫」が4歳の時

ついに希和子は逮捕され、実の両親のもとへ戻る。

その際、「恵理菜」という本当の名前を授かった。

とはいえ、急に本当の両親と言われても実感の沸かなかった

恵理菜は心を閉ざしたまま大人になってしまっていた。




スポンサードリンク






八日目の蝉 あらすじ 結末



大学生になった恵理菜は、本当の両親に

心を開くことができないまま、

家を出てアルバイトをしながら大学に通っていた。

そんな中、彼女の前にルポライターを名乗る千草が現れる。

21年前の誘拐事件を取材したいと迫られる一方

恵理菜は妻子のある男・岸田と不倫関係にあった。

千草との会話のなかで恵理菜は封印していた

過去の思い出を少しずつ明かしていく。




恵理菜を自分の子どもに付けるつもりだった「薫」

という名前で育てることにした希和子は、

誘拐事件の捜査から逃れるために偶然出会った

「エンジェルホーム」という施設へ。

そこではエンゼルという女性を中心に、

様々な事情で家を離れた女性たちが共同生活を送っていた




様々な記憶を呼び戻され、

千草に少しずつ心を開き始めた恵理菜は、

自分の中に新しい命が宿っていることを告げる。




その後結局希和子と恵理菜は会うことが出来なかったが

希和子と過ごした4年間にたっぷりと愛情を注がれた

恵理菜がまた彼女と同じような道筋をたどっている。



恵理菜は希和子にできなかった自分の子供を

産むと決意し、育てることを決意したのじゃった。



観終わった後非常に余韻に浸れる良作といえるじゃろう。



・キャスト・
<秋山恵理菜=薫> 井上真央

<野々宮希和子> 永作博美

<安藤千草> 小池栄子

<秋山恵津子> 森口瑤子

<秋山丈博> 田中哲司

<沢田久美(エステル)> 市川実和子

<沢田雄三> 平田満

<岸田孝史> 劇団ひとり

<エンゼル> 余貴美子

<タキ写真館・滝> 田中泯

<沢田昌江> 風吹ジュン


スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。