So-net無料ブログ作成
検索選択

渡辺謙の胃がん 病院とステージについて家族に感謝する渡辺謙! [ニュース]

SHIGEZOじゃ。


2月9日渡辺謙が自身のツイッターにて

人間ドッグで胃がんが発見されたが

早期の発見だったため即手術をし

療養中ということを報告しておった。

今回はその病院と胃がんのステージについて

考えてみようと思いますじゃ。



スポンサードリンク





渡辺謙が入院している病院はどこか



これに関してはバレてしまうとかなり騒動が大きくなるのか

どこを探しても公表はしておらんかった。

じゃが、一応わしなりに目星をつけておいたので

きになる病院をピックアップしてみたぞい。

・国際医療福祉大学三田病院
こちらには王貞治さんの主治医がいらっしゃる模様

・東京医科大学病院
内視鏡手術の名医がいらっしゃる病院

・日本大学病院
内視鏡治療のスペシャリスト松田年先生が。

豊島病院
年間100例以上にのぼる胃がんの治療がなされておる。


他にもたくさん病院はあるが、特に有名なところを

ピックアップしてみたぞい。

しかし、迷惑行為なので行かんようにしてくだされ。

もちろん問い合わせ等も厳禁じゃぞ!

そもそも内視鏡手術だった場合

入院は1週間程度で済むから

もう退院しておる可能性すらあるしのぉ。


渡辺謙の胃がんのステージは



今回渡辺謙の胃がん発見はかなり早期だったらしく

手術も内視鏡手術で済んだとのことで

ステージ的には1A期になると思うぞい。

ちなみに1A期というのは胃がんの本当に初期の初期で

5ミリ以上のがん細胞が胃の粘膜に確認できる状態なんじゃて。



この1A期というのは自覚症状が全くないため

この時期で発見できたのは本当にラッキーとしか言いようがない。

ツイッターでは奥さんの南果歩の勧めで

人間ドックに行ったということなので

本当に感謝しておることじゃろう。

マスコミに当てた文章にも書いてあったしの。



スポンサードリンク






渡辺謙、ツイッターで胃がんを告白







もうすでに手術は終了しておるんじゃの。

ちなみに手術内容は「内視鏡手術」というやつで

口の中から細い管を入れて行う手術だそうじゃ。

細い管の先にはちっさいカメラがついておる。

そして、お腹にぷすりとマジックハンドをさして

患部を治療していくのじゃ。
【マジックハンド】




そして今後の渡辺謙は療養して3月から始まる舞台に

少し遅れて参加するとのことですじゃ。

胃がんのステージが1A期の方は発症から5年経っても

97%の生存率があるため一安心ですじゃ。

では今回の記事はこれで終わるぞい。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。