So-net無料ブログ作成
検索選択

ワックの意味とワックダンスとの違いについて [ブログ]

SHIGEZOじゃ。


HIPHOPなどラップでたまに耳にする”ワック”という単語。

それとダンスジャンルである”ワックダンス”。

今回は”ワック”という共通の単語でも意味が全く違う点について

それぞれ語っていくとするかの。



スポンサードリンク






ワックの意味について



まずはワック「wack」の意味から説明するぞい。

これはシンプルに「ダサい」という意味で

この歌詞が含まれているラップの歌詞では

基本誰かや何かをディスって(批判して)いることが多いんじゃ。


使い方としては”ワックな奴”、”マジワック”

”ワックな服装”など単純にダサいをワックに置き換えるだけで

簡単に意味が通じるようになるので

今後ドヤ顔で使ってみるとよかろう。



スポンサードリンク






ワックダンスとは



続いてワックダンスの説明じゃ。

ワックダンス「waack dance」

1970年ごろゲイクラブで産声をあげたと言われる

WACCK(Waacking)ダンス。

当時はミュージカルやセクシーな静止画のポーズを取り入れ

多くのゲイダンサーたちが踊っていたという

バレエジャズダンスをミックスしたもので

現在でも大きく腕を回したり

ターンを多く取り入れておるのは

このころのワックダンスの名残と言われておる。



ちなみに上記で説明したHIPHOP用語の「ワック」

と「ワックダンス」との関連性は全くないですぞ!

以上。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。