So-net無料ブログ作成
検索選択

国分太一が病気のデスモイド腫瘍で入院していたらしい。どんな症状なのか調べてみた。 [健康・医療]

SHIGEZOじゃ。



TOKIOの国分太一さんが結婚したことは

みなさんご存じだと思いますが

結婚のきっかけとなったのが

国分太一さんがデスモイド腫瘍という病気で入院しておったことが

関係しているという事が

TBSの情報番組「白熱ライブ ビビット」

の結婚報道で国分太一が告白しておる事で

判明しました。今回はデスモイド腫瘍と

結婚に至るまでの経緯をお伝えしていくぞい!



スポンサードリンク





国分太一がかかった病気デスモイド腫瘍とは!?



このデスモイド腫瘍。なかなか聞きなれない

キーワードだと思いますが、

腫瘍と言えばガンをイメージする方も多いと思いますじゃ。

しかし、デスモイド腫瘍というのは

ガンではなく「良性の腫瘍」らしいのじゃ。

デスモイド腫瘍とは身体のどこにでも発症する腫瘍で

だんだん大きくなっていき、様々な病気を併発してしまう

おそれがあるのじゃが、基本的に切除することで

治ることもある。じゃが、再発の危険性も秘めておる。

また、この病気にかかる確率はかなり低く

100万人に1人という発症率らしいぞい。



だからこそキチンとした治療法が確立してなく

手術で摘出するというのが一般的で安全な治療と言われておる。

実際国分太一さんも腹部を20センチほど切り開いて

デスモイド腫瘍の切除に当たったそうじゃ。

名前からしてガンよりたちの悪そうな名前じゃが

内容を見てみるとそうでもなさそうじゃ。



スポンサードリンク






国分太一と元TBS職員の腰原藍の結婚秘話



じつはこのデスモイド腫瘍での

国分太一の入院こそが結婚相手である腰原藍との

結婚に踏み切った理由と本人がおっしゃっていたのじゃ。

病院でデスモイド腫瘍にかかっておると診断された

国分太一は、自分の人生に終わりが来たと感じたそうじゃ。

実際このような聞いたことのない「デスモイド腫瘍」に

あなたはかかっています。と言われると誰もがショックを

受けるのではないじゃろうか。



そして、手術で腫瘍を切除することを決めた国分太一は

入院をし、手術に挑んだのじゃ。

そんな時、心の支えとなっておったのは

TOKIOメンバーではなく彼女の腰原藍だったそうじゃ。

入院の経験のある方ならわかると思うが

とても心細いし不安じゃし

滅入ってしまうものですじゃ。

しかし、7年前から付き合っていた腰原藍は

国分太一にエールを送り続けてくれた事じゃろう。

それによって今回の結婚報道に至るという

涙ぐましいストーリーがかくされておったのじゃな。



その後、入院から通院に切り替えて

「鉄腕ダッシュ」や「ゴチになります」に

出演し続けたそうじゃ。

不安との戦いもあり、今でも病気を再発してしまう恐れが

あると思うが、この幸せがずっと続くことを

このSHIGEZOも願っておりますぞい!



スポンサードリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。