So-net無料ブログ作成

五輪エンブレム「桜」招致の作者はデザイナーの島峰藍さんですじゃ。画像あり。 [イベント]

SHIGEZOじゃ。


佐野研二郎氏の公式五輪エンブレムが白紙撤回されて

いよいよ公募が行われるのではという一方で

招致に使われた桜リースのエンブレムが

「好き」とか「これにしよ」という声もたくさん上がっておる。

どうやらこの桜リースの招致のエンブレムの作者は

デザイナーの島峰藍さんという方の作品とのこと。

人気の高い招致の五輪エンブレムを作った島峰藍さんとは

一体どんな人物なのじゃろうか。


スポンサードリンク






招致の五輪エンブレム「桜リース」の作者・島峰藍さんとは



招致の五輪エンブレム「桜リース」と作者である島峰藍さんの画像じゃ。



【プロフィール】
島峰藍(しまみね・あい)
1989年(平成元年)4月25日
東京都生まれ。
女子美術大学付属の中学から高校、
同大学と進学。
東京芸大大学院卒。
焼酎「いいちこ」の
アートディレクションなどで
知られる河北秀也氏に師事していた。
現在は会社員として働いている。




島峰藍さんの「桜リース」誕生について



招致の五輪エンブレム「桜リース」は

島峰藍さんが当時女子美術大学生のころ

応募したところ、とても反響が良く

若手デザイナーとしては異例の起用になり

本人も選ばれてびっくりしたというコメントをしておった。

じゃが、作品のコンセプト等をみると

納得せざるを得ないしっかりしたものとなっておる。



ー作品のコンセプト&こだわりー
コンセプトは「招致」に焦点を当てたことで

ある日島峰藍さんが海外の映画で

お墓にリースを手向けるシーンで

理由を不思議に思い調べてみると

リースには”再び戻ってくる”という意味があったそうな。

招致のエンブレムをリースにしたのには

そういう背景があっての事なんじゃて。



作品の中でこだわった部分は

桜のカタチだそうじゃ。

桜を丹念に観察して花びら一枚一枚に

動きを取り入れたことだそうじゃ。

良く見ると確かにコピペではない

花びらからは躍動感を感じますじゃ。



スポンサードリンク





やはり「桜リース招致のエンブレム」は人気が高いぞい!



たくさんのメッセージが。






このように並べてみると何となく
桜リースの方に温かみを感じる。



しかし、桜リースは公式には選び難いという事実も。
組織委の布村幸彦副事務総長は
「招致段階のエンブレムは無償で多く配布されている。
有償で(権利ビジネスの)ライセンス展開するのは難しい」
と説明した。


また、エンブレムにはデザイン性とコンセプトが

必要不可欠ということもあり

「招致」をテーマに作成された桜リースは

コンセプトがあくまでも「招致」なので

公式には向いてないんじゃなかろうかと思う。

デザインは好きなんじゃけどな。


関連記事
永井一正は五輪エンブレムの審査委員長で佐野研二郎と裏で繋がっておった!? 

五輪エンブレム扇(動画あり)や桜など日本らしいロゴを自主制作する人が続出!

五輪エンブレム再公募方法はどうなる?もしかしたらみんなにワンチャンあるかも!?


スポンサードリンク



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。