So-net無料ブログ作成

goodgo99破産。被害者がマイケルウーに集団訴訟!その内容とは?? [ニュース]

SHIGEZOじゃ。


goodgo99という美容食品・化粧品を
取り扱う企業が破産し、約8000人が被害を受けた。
どうやらgoodgo99はマルチ商法を
利用したビジネスモデルで


代表はマイケルウーという香港の実業家。
集団訴訟をも引き起こしたその内容である
マルチ商法についてひも解いていきますぞい。


スポンサードリンク





被害者となったgoodgo99の会員



2012年に資本金900万円で設立された
goodgo99。


取り扱っておる商品は主に
アンチエイジングコスメや
美容食品などで


goodgo99の会員(代理店)になるのには
1口30万円分の商品を購入が必要だそう。


会員は新たな会員を募り
その数を増やしていくことにより


発生した商品の購入代金のうちの数%が
紹介してくれた人に還元されるという
マルチ商法を取り扱っておったそうで


ピラミッド状に膨れ上がった会員数は
約8000人。


もちろんはじめは詐欺でやっておったとは
考えにくいが、会社の資金繰りがうまくいかず


配当金を会員に還元できなかったことにより
最終的にgoodgo99は破産を申告せざるを得ない
状況になってしまったとのことじゃ。


これにより被害を受けた会員の中には
これはマイケルウーの横領による詐欺事件だと
集団訴訟を起こす者たちもおった。


そして
マイケルウー会長が横領事件の真犯人だとすれば、
被害金は戻って来ると期待している
と、被害を受けた会員(代理店)は発言しておる。



スポンサードリンク





マイケルウーとは??



今回破産してしまったgoodgo99の
代表マイケルウーとは香港の実業家として


・香港にスタバをいれる
・お洒落なバーを展開
・広東料理・回転寿司の店舗展開


などの様々なビジネスにおいて成功しておる方で
従業員などの信頼もとても厚いようですじゃ。


今回の日本のビジネスでは
失敗に終わったようですが


夢をもって事業に取り組んでおった
goodgo99の日本の会員は
とても可哀想な結果になってしもうた。


どうせ日本でやるなら
日本の一般人を大量に巻き込む方式の
マルチ商法ではなく
一般の卸売業のなかで
やってほしかったですじゃ。



マルチ商法について



日用品や化粧品を取り扱った
マルチ商法というビジネスについて


よく、「ネズミ講」だとか
「ネットワークビジネス」だとか
友人がはまって「騙される!」など
聞きますが、


浅い知識と生半可な気持ちで
始めると痛い目をみるが


これをビジネスだと考えると
割といい手段の稼ぎ方だと思いますじゃ。


しかし、ネットワークビジネスにおいて
実際に何もしなくても稼げるように
なるためには


相当な努力ととてつもないリーダーシップ
が必要だと思う。


知り合いに年収で億を稼いでおった
ディストリビューター(代理店)がおったが


セミナー実施回数は月に100回以上で
セミナーをするためのセミナーを開催するなど
指導者としても優秀な方じゃった。


それだけの努力とモチベーションと
スキルがあってはじめて大金を稼げる
ことであって


甘い話ではないので
注意が必要じゃと思いますぞい。



スポンサードリンク



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。