So-net無料ブログ作成
検索選択

芥川賞2015発表!受賞は又吉直樹と羽田圭介。羽田さんの作品を紹介。 [本]

SHIGEZOじゃ。


2015年7月16日芥川賞の発表が行われ
羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』
又吉直樹『火花』がWで受賞しました。


以前から注目されておった2015年の芥川賞な
だけに又吉直樹の名前が張り出された瞬間は
記者のどよめきが沸き起こったそうじゃ。


じゃが、ちょっとまて。
もう一人の羽田圭介さんとは誰なんじゃ?
という事で今回は羽田さんの特集をしようと思いますじゃ。


スポンサードリンク





2015年芥川賞受賞者の羽田圭介さんとは!?





いきなりツイート記事で申し訳ないですが
こちらがピースの又吉直樹と共に
2015年の芥川賞を受賞された
羽田圭介閣下(10万29)じゃ。


写真を見ると芸人さんかなにかと思ってしまうが
どうやら芸人さんではないらしい。。。


羽田圭介さんは17歳の時から
「文芸賞」を受賞するという経歴をお持ちで
当時は2004年に芥川賞を受賞した「綿矢りさ」さん
らと共に若手の作家たちとして注目を浴びておった。


当時高校生じゃった羽田圭介さんの作品は

「黒冷水」
兄の部屋をあさる弟と罠を仕掛けて報復する兄の
家庭内ストーキングを題材とし、兄の視点から見た
非常にテンポの良い作品。


ですじゃ。
そして、今回芥川賞を受賞したという

『スクラップ・アンド・ビルド』じゃが、
死を望んでいる要介護の老人と
同居している無職の孫息子の
介護する側される側の心情をとらえた
現在の社会問題をテーマにしたお話。
だそうじゃ。

読んでスカッとするというよりは
現代社会の矛盾について考えさせられる
内容のようですじゃ。

又吉直樹の「火花」あらすじ



スポンサードリンク






羽田圭介さんの作品は過去に芥川賞ノミネートされていた



羽田圭介さんは作品を作り続けて10年以上にもなる。
過去に書いた作品が芥川賞にノミネートされておった。
その作品をそれぞれ紹介していきますじゃ。


「走ル」第139回芥川賞(平成20年/2008年上期)
近所のお兄さんからおさがりで貰った
ロードバイク子供の頃には乗れなかった
そのロードバイクに乗ってみると、思ってもみないほど
疾走感を感じ魅力に取りつかれてしまう。


高校2年の主人公はジュースを買いに行った
その足で思い付きで東京から東北地方まで
ロードバイクで行ってしまう。
青春ならではの無計画だが大胆なお話。



「ミート・ザ・ビート」第142回芥川賞(平成21年/2009年下期)
19歳の主人公は住まいと予備校とアルバイト先の工事現場を
毎日自転車で通っていた。
ある時、車好きの仲間の一人から
ホンダのビートという軽四輪車を譲り受ける。


初めての車・なれないマニュアル車。
初めての経験で苦労することもあるが
マニュアル車を運転する快感など
がらりと変わったライフスタイルの中で
疾走する青年を描いた群像小説。



「メタモルフォシス」第151回芥川賞(平成26年/2014年上期)
上記の2作とは題材ががらりと変わって
証券会社に勤めている主人公。
昼は高給取りのサラリーマン
夜は快楽を求め夜の街へ。

「マゾヒスト」の主人公が
究極の快楽を求めるようになった彼が
見たいものについて描かれている。

R-18作品。


以上が羽田圭介が芥川賞に
ノミネートされた作品ですじゃ。
4度目にして獲得した賞に
本人も喜んでおるじゃろう。


さらに今回の芥川賞は
又吉も受賞したことにより
注目度は高いはずじゃ。
この勢いでさらに人気が出ると良いですのう!


スポンサードリンク



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。