So-net無料ブログ作成
検索選択

手足口病はプールでも感染する。小学校も見学するように。 [健康・医療]

SHIGEZOじゃ。


今年の手足口病は感染率が高いのか
全国的に広まっておるようですじゃ。


小学校や市営のプールなどでも感染するということで
保護者の皆様方はいつまでプールを休ませるかなどの
注意をする必要がありそうじゃ。


今回は手足口病について
正しい知識をもっていただけるように
レクチャーいたしますぞい。


スポンサードリンク





手足口病(てあしくちびょう)とは



おもに5歳以下の子供がかかりやすく
口の中・手の平・手の甲・足の裏・足の甲・ひざ・でんぶなどに
小さい水ぶくれのような
赤い発疹(ほっしん)がたくさん出来る。


症状は:38度前後の発熱の後に
口の痛み・よだれ・発疹が確認されると
手足口病の可能性が高いようですじゃ。


主に夏場に流行するウイルス性の感染症じゃから
感染した状態はもちろん
症状が治まったあとでも
プールなどに入るとほかの子に
感染してしまう恐れがありますぞい。


手足口病(てあしくちびょう)予防法は?



気を付けなければならんのは
「感染症」という点ですじゃ。
感染するのは何も子供に限ったことではないので
大人でも予防しておく必要がありますじゃ。


さて、その予防法とは。
発症を予防する薬は現段階ではないため
自己管理をしっかりしておく必要がある。

①手洗い・うがいをしっかりする。
石鹸をつかい手洗いすることで
ウイルスを除去できますじゃ。


トイレを清潔に保つ
感染しておる人の便にはウイルスが
潜んでおる可能性が高いので
便座などは清潔な状態で利用することじゃ。
なお、おむつを取り替えた後など
は要注意なので、汚れなかったとはいえ
念入りに手洗いすることですじゃ。


タオルなどの共有は避ける
ハンドタオルバスタオルなどは
使いまわしせずに個別に使う事。
ウイルスがついたタオルでゴシゴシ
しようもんなら感染してくださいと
言っておるようなもんじゃぞ。


スポンサードリンク





手足口病(てあしくちびょう)潜伏期間はいつまで?



症状が見られてから治るまでは
数日のあいだで済むんじゃが
実は症状が治まってもウイルスが
便の中に潜伏しておるという。


いつまでかというと約3~4週間ほどですじゃ。
という事は、一度発症してしまうと
プールなどの授業はそのくらいの期間は
見学させてあげねばなりませんの。


かわいそうじゃが、他の子たちにうつさない
ためにもそのくらいは覚悟してほしいところですじゃ。


手足口病(てあしくちびょう)にもしも感染した場合



熱が出た場合は2~3日で治まりますじゃ。
発疹は3~4日で治まるので
わざわざ潰したりしないことじゃ。
乳児の場合は手にグローブをはめると
口内に感染するのを防いだり
発疹を潰す予防になりますじゃ。


食欲不振に陥った場合は
脱水症をおこす危険があるので
こまめな水分補給を心掛けてくだされ。


また感染した場合でもほとんど症状が現れない
場合も多くみられるので、
流行っているときは特に
日ごろからの予防をしておくと良いかもの。



スポンサードリンク



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。