So-net無料ブログ作成
検索選択

ギリシャどうなる?わかりやすく教えますじゃ。 [ニュース]

SHIGEZOじゃ。



わかりやすくいうと
6月中に国際通貨基金(IMF)から借りたお金を
返せなかったギリシャ
期日中に返せなかったからといっても
遅れてでも返すのが世の常じゃわの。


どうしてお金を借りたのか?
今後ギリシャはどうなるのか?
そして、どうしていくべきか??
わかりやすく教えていきますじゃ。


スポンサードリンク





◆どうしてお金を借りたの?



そもそも国を存続させるためには
たくさんのお金が必要になりますじゃ。


それが何に使われるかというと
まずは国民が暮らしやすいように
いろいろな事にお金は使われるんじゃ。


たとえば、
・道路を作って整備する
・国民の医療費を負担する
・働けない人の生活費を賄う
などなどたくさん使い道は考えられる。


ちょっと待て、それは
普段われわれ国民が納めておる税金を
使っているんじゃないの?
と、思う方もいると思うが


ギリシャの場合それだけじゃちと足りんのじゃ。
足りんものは「誰かに借りる」
これが一番手っ取り早い方法じゃ。





◆どうして税金だけじゃ足りないの?



それは、ギリシャ国民の中に
国からお金をもらって働いておる人が
たくさんおるからなんじゃ。


だれだと思いますじゃ?


正解は「公務員」ですじゃ。


実はギリシャ。
働いている人達の4人に1人が
「公務員」なんですじゃ。


その人たちのお給料は
4人のうちの他の3人が納めた「税金」
から支払われますじゃ。


なのに一般労働者よりも
高いお給料をもらっておるという。
不公平な話じゃの。


という背景もあるんでギリシャ国民にとって
公務員とは、なりたい職業№1の職種らしいぞい。


話はずれますが、この話って
日本の年金問題に似てませんかの??


「日本の若者4人で老人の生活費を賄う」
というものじゃが、数字を見ると
ギリシャの公務員問題がいかに
危機的状況にあるかわかりますの。



スポンサードリンク






◆これからギリシャはどうなるの?



これからギリシャがどうなるかの分岐点は
7月5日に行われる国民投票の結果にて
大きく変わるですじゃ。


・何を投票するの?
わかりやすくいうと
『YES』YES欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)などの
の指示に従って緊縮策を実行する。

OR

『NO』指示には従わずユーロから離脱する。



・『YES』の場合どうなる?
緊縮策に従うので
公務員を減らす&お給料を減らす。
公共料金を値上げする。
年金を受けられる年齢を引き上げる。
など、国民の負担が増えるんじゃ。


・『NO』の場合どうなる?
ユーロから離脱するので
現在の通貨が使用不可に。
旧通貨「ドラクマ」を使うようになる。
するとしばらくはお金の価値が不安定になり
物の値段がつけにくく混乱を招くのじゃ。


結局どちらを選ぶにせよ
ギリシャ国民へのダメージ
測り知れないですじゃ。


関連記事
ギリシャ問題の原因をわかりやすく解説しますじゃ。
ギリシャ問題とは?簡単にフリーターに例えて説明してみたぞい 


スポンサードリンク




コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。